ガルベラ・パートナーズグループ 所在地
【東京事務所】東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7階
【大阪事務所】大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
【福岡事務所】福岡市博多区博多駅東1丁目5番8号 モアグランド博多ビル4階

東京事務所
03-5405-2815
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025
営業
時間
9:00~18:00
(土日祝は除く)

労務監査とは

労務監査】は、【法定監査】と【任意監査】に分類されます。

 

法定監査】は、法律に基づき【公認会計士】【監査法人】が行う【会計監査】。

資本金5億円以上または負債200億円以上の株式会社を対象とする【会社法監査】、株式を上場している会社や日本証券業協会に株式を登録している会社を対象とする【金融商品取引法監査】のほか、【労働組合監査】【学校法人監査】などがあります。
 

任意監査】は、法律によって義務付けられてはおらず、特定の目的のために会社が【公認会計士】【監査法人】などに依頼する【会計監査】および【業務監査】。【企業買収】【合併】【営業譲渡】【投資】【自社財務諸表】の信頼性確保などを目的として行われています。

一般的に労務監査は、〈経営活動における経営資源のうち、労働の活用結果についての監査〉および、〈労働契約に基づく労働状況について、合法性と合理性の視点から経営活動の結果を評価し、提言・勧告を行うもの〉とされていますが、が確立しているわけではありません。実際には労務監査の目的や監査人により異なっています。

労務コンプライアンス監査

昨今、企業の内部統制、法令遵守(コンプライアンス(compliance))がますます重視されるようなり、【CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)】など、高い倫理性も企業に求められるようになりました。

従来から確立している【会計監査(企業決算に対する外部機関による監査)】に対し、企業経営の根幹をなす【】の視点から、社会慣行、職業倫理まで含めた広い意味での法令遵守状況等を評価する【労務コンプライアンス監査】に注目が集まりつつあります。

残業対策.comへのお問合せはこちら

受付時間
9:00~18:00
(土日祝は除く)

お電話でのお問合せはこちら

【東京事務所】    
03-5405-2815
【大阪事務所】    
06-6535-8828
【福岡事務所】    
092-477-2025

無料相談会のご案内

無料相談のご案内

PO審査対策、労基署対応の経験豊富な他、社事例を知り尽くした社会保険労務士(残業対策コンサルタント)がお話しいたします。

ご相談ください
  • 管理監督者の許容範囲は実際どのくらいですか?
  • 本当に裁量労働制、変形労働制で残業をゼロにできますか?
  • みなし残業は何時間までですか?
  • 社員が勝手に居残った分まで残業代を払わないといけないのですか?
  • 従業員への説明や同意はどうするればよいのですか?
  • こんなひな形はありますか?
  • IPOを検討中だけど、未払残業があると証券審査はNGですか?

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

【東京事務所】      
03-5405-2815
【大阪事務所】      
06-6535-8828
【福岡事務所】      
092-477-2025

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。